明石家さんま、やしきたかじんさんとの懐かしい思い出を語る。あの人には一生の恩がある・・・


↑up↑