徳光和夫、明石家さんまの面白さに気づく

↑up↑